髪の毛の送付方法・受領書の廃止について

---NPO法人 Japan Hair Donation & Charity   案内メール引用---
  • 2020年7月1日より、下記の通り休止致すこととなりました。
  • ◯サロンさま経由の髪の毛の送付
    ◯返信用封筒の送付(受領証申請の代行)
  • いずれも賛同サロン登録の有無に関わらず休止致します。
  • 今後は、ドナーさまの髪はお預かりにならず、ドナーさまご自身で送っていただきますようご案内いただければと存じます。
  • サロンさまによるヘアドネーションの送付代行と返信用封筒(受領証)対応の休止に踏み切ることとなりました。
  •  
  • ●「髪の毛をいつ送ってくれたのか分からなくて不安」
    ●「返信用封筒を預けたのに受領証が何ヶ月経っても届かない」
  •  
  • 等のドナーからのお問合せが非常に多く寄せられたことによります。
  • ドナーさまに「サロンに不信感を抱いた」「心を込めて何年もかけて伸ばしたのに残念、悔しい」……そのような思いをさせてしまうことは、私どももサロンさまも決して望んでいない事態です。
  • また、多忙なサロンワークの合間に理美容師さまがドナーの髪を1人分ずつパッキングしたり、ドナーシートや返信用封筒の代行をされたり、なかには切手代までサロンさまが負担されているケースもあるとのこと。
  • そこで、『ドナーさまご自身によるドネーションヘアの送付』という送付方法に統一することで、お問合せやトラブル、サロンの負担を減らせたらと考えております。
  • JHD&Cのヘアドネーションチャリティの原点・出発点は、レシピエントさま、ドナーさま、JHD&C賛同サロンさまが、それぞれの役割を担うことで
  • 「頭髪の悩みで日常生活に不便を感じている子どもに無償提供の医療用ウィッグがあることを知ってもらいたい」
  • 「ウィッグを必要としている子どもたちに少しでも喜んでもらえたら」
  • 「素晴らしい活動に技術を通して協力できて良かった」
  • このようなあたたかいお気持ちを共有していくただくことを目指しております。
  • 最後となりますが、これまでの皆さまのお取組に対してこのような決定をせざるを得ないこと、誠に心苦しい限りではございますが、なにとぞご理解くださいますようお願い申し上げます。
  • どうぞ今後とも、ヘアドネーションのカットという技術力の発揮・提供というかたちでご協力いただき、ヘアドネーション活動が一時のブームではなくごく自然なチャリティとして続いていきますよう皆様のご協力を賜れましたら幸いです。
  •  

  • 当店でのカット、送付先の案内、ドナーシート、必要物などのご用意は今まで通りさせていただきます。
  • 送付のみドナー様でしていたく形になります。
  • ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。